NHKの番組取材を受けました

京都での個展「線と音楽と魚」へご来場くださった皆さま、ありがとうございました!
7月20日にNHK Worldの「Direct Talk」という番組で、私の作品や制作過程についての15分番組が放映されました。
来年の7月まで、サイトアーカイブで全編見ることができますので、ぜひお見逃しなく!
Copper Plates Filled with Wonder: Tanaka Kiyo / Children’s Book Author

早春のころに番組のお話をいただいて、せっかくなら絵を描くところを撮りたいということで、個展作品の制作真っ最中に取材に入ってもらいました。結構バタバタの作品作り。撮影にはちょうど良く、撮る時に描く作品を選べるくらいの同時進行ぶりでした。(笑)

銅版画のことや絵本のこと、いろいろと深堀りのインタビューの1日が総仕上げの撮影だったのですが、事前に2回ほど素材撮りがあり、他に1日個展会場へ来て、全部で4日間の取材でした。制作は、日本電波ニュースという制作会社さんです。

個人的にすごく面白い体験だったので、ここに少し書きたいんです。まず、コロナのことがあって、普通ならプロデューサーさんとディレクターさん+カメラマンさん、となるところが、1日目に来たのはカメラマンさんお一人。お話を伺うと、海外の紛争地や危険地域の取材の経験がある方でした。
私は、Namiコンクールでいろいろな国の作家やイラストレーターに会って、戦争をテーマにした作品が複数入賞していたため、自分とのあまりの感覚の違いに気が遠くなり、帰国後に読んだ本が「内戦の地に生きる」(橋本昇・著)でした。これは写真家の橋本昇さんが歴史的にも知られた紛争地の取材のなかで見たこと、考えたことを岩波ジュニア新書に書いたのです。その本で読んだことをお話すると、カメラマンさんがご自身で見聞きされたことを話してくれました。本当に貴重なことだな〜、と感動しました。

それから、制作風景だけではなくて、絵の撮影というのもあって、1枚の絵を、すごく時間をかけて丁寧に撮影するのですね。その間、私もなるべく音をたてないように気をつけていました。静止画のような、絵の画像をパッと出せば良いというイメージを持っていたのですが、1枚に10分以上かけて撮影されるのをみて、これまた、びっくりしました。その集大成が番組を見るとわかります。当たり前だけど、絵を見るのも視点や見方があるんですよね。

そして、個展会場で撮影をしたカメラマンさんも、コロナの影響で近場から派遣されて見えたのですが、とっても感じのいい方でした。通りがかりに寄って下さった、一見さんのお客様がほとんどだったのですが、丁寧にインタビューや、番組の説明をされ、じっくり時間をかけて取材をしていました。その方にはまたすごいことを教えてもらいました。(というと大げさです。私が知らなかっただけで)ビデオ動画の編集が苦手なんだけど、何かアドヴァイスがないですか?と質問をしたら、「動画は紙芝居を作るつもりで考えるといいですよ」と言うのです。そうか!動いているということに気をとられて、切る場所がわからなかったんだけど…。静止画を並べるつもりで「伝わるかどうか」から入ればいいんですって。なるほどね〜〜。

最後に、現場仕切られ、インタビューをしてくださったディレクターさん、NAMIコンクールの結果をみて声をかけてくださったプロデューサーさんの、熱心な勉強・仕事ぶりにしっかり感化され、こんな素敵な報道関係の人たちがおられることを、心底嬉しく思ったのでした。

「線と音楽と魚」

田中清代 銅版画展
「線と音楽と魚」
2021年 6月12日(土)〜23日(水)
新作の展示、販売をします。

なぜ、銅版画なのか?

ということも考えながら、
「わたしの描きたいもの」と向き合いました。

on-line 田中清代 ギャラリートーク
6月12日(土)18:00 – 19:00
オンライン配信(ZOOMによる配信)
参加費(オンライン):1,000円
(申し込みは メリーゴーランド京都webサイトへ) 

メリーゴーランド京都
600-8018
京都府下京区河原町通 四条下ル市之町251-2 寿ビルディング5F
営業時間 10:00~18:00
定休日:木曜日

***

久々の新作の個展です。(絵本が出るわけではありません!)
テーマを決めて、銅版画らしい展覧会もいいなあ。。。
と思っていたものの、なかなかテーマが絞れず。
考えると絵本へ向けてのアイデアばかり。
というわけで、諦めて(笑)
いつか作りたい絵本への、手探りの一歩としての絵を描いてみた!という習作展です。

銅版画でイラストを描き始めた時に、気に入ってしまった「雁皮刷りに手彩色」という技法と、初心に戻って向き合ってみたかったので、DMのような、色付きの絵もあります。
それから、「なぜ銅版画なのか」については、多摩美のZOOMイベントの時にその場にいらした先生から「どうして銅版画じゃなきゃダメなの」という質問を改めて頂き、自分でも消化していないんだなあと改めて思いました。そんな疑問を抱え続けられるというのも、ひとつのギフトなのかもしれません。

メリーゴーランド京都は、子供の本屋さんだけど、とんがった本もいっぱい並んでいて、
あれもこれも読みたい!と知的好奇心をしっかり刺激してくれる本屋さん。
今描いている絵が、並んだらどうなるかな?と
私自身も楽しみにしています。

修善寺Cotori

「ねえ だっこして」の単独原画展は出版以来初めてでした!

2021年1月27日をもちまして、「ねえ だっこして」原画展が終了しました。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
私自身も、久しぶりに原画をじっくり見ることができて良かったです。
2月23日(土)には、担当編集の東沢亜紀子さんをお招きしてのトークイベントもオンラインで実施。吉田進み矢さんがインタビューしてくださったりして、リラックスした雰囲気の中でも内容の濃いトークだった!と好評をいただきました。
1月31日までの申し込み、視聴は2月7日までで、有料ですが動画配信で視聴いただけます。ご興味ありましたら、ぜひお申し込みください。視聴ページはこちら
当日はなんと、竹下文子さんも駆けつけてくださいました。私は娘がお腹にいるときに1度お会いしたのが8年ほど前だったのですが、編集者と三人で揃うとなると、これが2回目という(!)とても貴重な時間となりました。トークイベントでは、竹下さんへも語りかけをさせていただけて嬉しかったです。
(竹下さんは動画NGとのことでしたので、気配のみです 笑)

Cotoriさんができて、三島のえほんやさんも沼津のグリムさんも最近だし、なんだか伊豆東部の絵本事情が急激に盛り上がってるよね。。と仲間内では話しています。在廊時間には1日数組の方しかお会いできませんでしたが、みなさんのお話を伺えて私の方が充実させていただきました。やはり価値観の問題は大切で、コロナの時代とはいえ、対策を講じた上で大事なことはやる。という気概を、みんなで共有できたらいいなあ~、と思いました。

投稿日:

1月27日2021